新ジャンルへ挑戦しました

新しいジャンルの創作を開始しました。浮世絵にも春画というのがあります。古くから人間の性の営みは共感するものがあります。それは、生きることへのエネルギーであると、僕は思うようになりました。そこで官能小説創作を開始しました。 何故か日本ではセックスは人前で話すことがはばかれる民族です。近年の若者は交際すらしないと聞きました。僕の作…

続きを読むread more

パソコン族元年

「田所教授、パソコンが生まれました」  田所の助手である安西が目を大きく見開き声を荒げて田所を見た。 「安西君、よくぞ、やった」  田所も甲高い声を上げて安西が手にしている生まれたばかりのパソコンを見た。安西は手にしたパソコンを田所に見えるように傾けた。 「こうして見ると、かなり大きなCPUを持っているようだな」  そうい…

続きを読むread more

タイムマシーン

 東京工業高校発明研究倶楽部3年主将・大川真一と副将・山口勉は発明に情熱を注ぐ同士であった。この日も部室で個々の発明に没頭していた。お互い希有な発明オタクというのであろうか。一度、発明に掛かると周囲が見えなくなる悪い癖があった。二人は、この夏休みも学校の部室に来て、発明にいそしんでいた。 「山口、俺、しょっとすると大発明しちゃった…

続きを読むread more

親善大使

 相撲取りの大川真一は自宅から遠く離れた東京メトロ・清澄白河駅の出口を出たところに立っていた。今朝、彼は目を覚ますと、今日は大相撲4日目、対戦のために福岡会場に行かなければならないのに、理由もなく、九州の自宅から新幹線に乗ってこの駅にやって来た。どうしてなのか自分でも訳が分からないがこの町に来なければならない衝動に駆られた。今まで、ここ…

続きを読むread more

新川千本桜満開

新川を新川橋から眺めたところです。人通りはほとんどありません。毎年、ここを訪れていますが、こんなに青空で桜が綺麗なのに、新型コロナのせいで、気分は灰色です。昨年のスナップを見比べて、ただただ、去年の桜が懐かしい。今年はイベントもないから閑散としています。 今日も天気がいいけど、じっと、家の中にいます。 毎日実施しているラジオ…

続きを読むread more

地球パトロール隊

 山際悦子は同僚の皆川健一と一緒に穏やかな田園地帯を彼の愛犬と一緒に歩いている。四月の穏やかな日差しが、身体に当たり、何とも心地よい時間であった。  悦子は、都心にあるプロレスラー養成所の見習いレスラーとして勤務していた。新人レスラーの指導に来ている皆川健一と知り合い、交際を始めて半年が過ぎた。彼は、世界の格闘技を極めた真の武道家…

続きを読むread more